尿酸値抑制に働くザイロリックを通販で買うメリット   >   痛風発作の応急処置

痛風発作の応急処置

痛風の痛みを感じたらすべきこと

尿酸値が高いことが分かって、生活習慣には気をつけていてもその対処が遅かったり、気を抜いた時に尿酸値を上昇させてしまったりして痛風発作を起こす可能性もあります。

よく「風が吹くだけでも痛い」というほどの激痛が起こってしまうといわれる痛風発作。この症状が起こってしまった時、なるべく早く病院へ行くようにしましょう。

しかし、動くことが出来ないほどの痛みがあったり、発症しやすいとも言われる夜中から明け方の場合は病院の診察時間外であることがほとんどです。そんな時、痛みを緩和させる為にできる応急処置を紹介します。

まず、して欲しいことは痛みや腫れが起こっている箇所を冷やすことです。患部は炎症を引き起こしているので、氷水や保冷剤・湿布などを利用しましょう。
この時、決して温湿布は使用しないでください。炎症を起こし、熱を持っている患部を温湿布で温めてしまうことは逆効果になり、悪化させてしまう可能性があります。

そして、患部を心臓より高くしましょう。痛みや腫れが起こる時には、血液などが溜まりやすくなっていることを意味するので、心臓より高い位置にすることで血液が心臓にもどりやすくなり、腫れがひきやすくなるのです。

患部が腫れていて、血液が溜まりやすいからといって動かしたり、マッサージをするようなことは決してしないでください。ただでさえ炎症を起こしている患部の血流をよくしてしまうと余計に悪化させてしまいます。

痛風発作を起こした時には、患部を冷やし心臓より高くして、安静にすることが良いのです。そして、少し痛みが落ち着けば市販の痛み止めを飲むことを考える人がほとんどでしょう。

この時には痛み止めでもアスピリンが含まれているのは、尿酸値に影響して症状を悪化させてしまう可能性があります。その為、市販の鎮痛剤を飲むのであればロキソニンなどを選ぶようにしましょう。

鎮痛剤を飲まない状態で病院へ行ける状況であれば、なるべく早く病院を受診しましょう。そこで病院から処方される鎮痛剤なら、症状を悪化させてしまう心配もいりません。市販薬を飲むのは、どうしても必要な時に限りロキソニンを選んで飲むことをオススメします。

そして、鎮痛剤の服用を続けて痛みが無くなったところで、また痛風発作を起こさない為に尿酸値を低下させる治療を続けることが大切です。そうしなければ、またすぐに痛風発作を引き起こしてしまいます。

一度痛風発作を起こした人は尿酸を増やさない、そして溜めないような生活習慣を意識する必要があるのです。

Copyright(c) 2017 尿酸値抑制に働くザイロリックを通販で買うメリット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com