尿酸値抑制に働くザイロリックを通販で買うメリット   >   ザイロリックの働き

ザイロリックの働き

尿酸の産生を抑えるザイロリック

痛風予備軍、そして高尿酸血症の診断をされた人や疑いがある人は、尿酸値を下げる必要があります。そうしなければ体内に溜まった尿酸が結晶化して、痛風発作を引き起こしてしまいます。

ザイロリックは体内で過剰に作りだされたプリン体が、尿酸へ分解されるのを阻害する働きを持っています。それには有効成分であるアロプリノールが大きく関わっています。

プリン体は、私たちの体内でヒポキサンチンという物質に変化します。そして、キサンチンオキシダーゼという酵素によってキサンチンという物質になります。更に、同じ酵素の働きで尿酸に分解されます。
こうした流れで、プリン体から尿酸へ分解されているのです。

そして、ザイロリック(アロプリノール)はキサンチンという物質とよく似た構造をしています。その為、プリン体を尿酸へ分解する時に必要な酵素であるキサンチンオキシダーゼがキサンチンではなく、アロプリノールを間違えて取り込んでしまいます。
その結果、尿酸の産生を抑えることが出来るのです。

さらに、キサンチンオキシダーゼが誤ってアロプリノールを取り込むことで出来るオキシプリノールという物質もキサンチンオキシダーゼの働きを阻害するので、尿酸の産生抑制効果は高まるといえるでしょう。

尿酸値が高い人に必要なのは、尿酸を体内に蓄積させないことですが同時に尿酸を体内で作りすぎないことも大事です。
ザイロリックは、新たに尿酸が作られる過程を邪魔する働きがあるので、結果的に尿酸値を下げることにつながります。

ただ鎮痛作用は無いので、痛風発作を引き起こしてしまった後は痛みが治まってから服用するようにしましょう。

体内の尿酸の排出を促し、産生を抑制することで痛風予備軍・そして高尿酸血症の人の症状は改善されるでしょう。生活習慣を見直して、ザイロリックでサポートしてあげることで痛風発作を未然に防ぐことができます。

Copyright(c) 2017 尿酸値抑制に働くザイロリックを通販で買うメリット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com