尿酸値抑制に働くザイロリックを通販で買うメリット   >   代謝によってできるプリン体

代謝によってできるプリン体

プリン体は代謝の老廃物

尿酸値上昇の原因となる、プリン体。少し前までは、痛風患者はプリン体が含まれる食品を控えることが症状改善の一環とされていました。しかし、実は食品からのプリン体の吸収は体内に存在するプリン体の2割〜3割程度であることが分かっているのです。

ただ、多量のプリン体が含まれている食品の摂り過ぎがあると急激にプリン体が増加するので、痛風発作を起こす原因になることから注意は必要になるでしょう。

プリン体は、どのように私たちの体内で作りだされているのかというと、生きていく上でとても重要な役割をしているのです。それは、細胞やエネルギー源の代謝に関係しているということです。

細胞の核を構成する核酸の主成分となるのがプリン体なので、体中に存在しているといえます。そのプリン体は通常は核に守られていて、新陳代謝によって分解されることで尿酸へと変化してしまうのです。

このことから考えると、誰もが尿酸値の上昇を引き起こし、痛風になってしまいそうですが本来は尿酸の産生と体外への排出のバランスは保たれています。
しかし、そのバランスが乱れてしまうことで尿酸が体内へ溜まっていき、結晶化して痛風発作を引き起こす危険性があるのです。

また、ATPという筋肉や臓器を動かすエネルギー源が代謝される時にも、プリン体は放出されます。ATPは代謝と生成を繰り返す性質を持っていますが、激しく消費された場合下に戻れずにプリン体は尿酸へ変化してしまうのです。

これはストレスを感じた場合にも同じことが言えます。過剰なストレスを受けるとエネルギーは大幅に消費されるのでプリン体の放出、結果的に尿酸の産生が増えてしまいます。

呼吸を長くできる運動である有酸素運動であれば問題はありませんが、無酸素運動などの激しい運動をする人やストレスを感じやすい人はプリン体の分解、つまり尿酸の産生が多くなってしまいます。

その為、痛風を避ける為にもプリン体を多く作りだす生活習慣を見直し、尿酸を体内で作り出さないように心がけましょう。そして、尿酸となったものを蓄積させないために、尿酸の排出を促すことも大切です。

Copyright(c) 2017 尿酸値抑制に働くザイロリックを通販で買うメリット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com